FC2ブログ

Welcome to my blog

oto-photo

訪問ありがとうございます。静岡でカメラマンをしています音無です。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 肌を整える方法

フォトショップを使い、
自分が使っている方法で肌を整えて行きます。
比較



画像は前回の、「つけまつげを足す」
http://yy0814.blog61.fc2.com/blog-entry-52.html
から引き続いて行きます。



【パッチツール】を選び、目立つ部分を囲みます。
次に囲んだ範囲を肌の明るい方へドラッグしていきます。
(小さい部分が多い場合は、【スポット修復ブラシツール】の方が効率的です。)
01_201508052027529df.jpg



一つ消えました。
これを同じ作業を繰り返し、目立つ部分を消していきます。
02_20150805202753bc8.jpg



髪の毛など肌にが掛かっている場合は、
【てのひらツール】、又は【ぼかしツール】
を使い、モードを比較(明)にして明るい方へなぞっていきます。
03_20150805202754c3f.jpg



色のムラもあるので、整えます。
背景のレイヤーのコピーをし、そのレイヤーを
【イメージ→色調補正→階調の反転】をし、レイヤーモードを【オーバーレイ】とします。
04_201508052027584ff.jpg



次に
【フィルター→その他→ハイパス】を選択します。
今回は値を【5.0px】とします。
05_2015080520275027d.jpg



【フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)】
の数値を1.0pxくらいで、柔らかくさせます。
ハイパスとぼかしの値は解像度によって変化しますので、自然に見える値を選択してください。
06_20150805202841a4c.jpg



つるつるになりましたが、画像がぼけている状態なので、
ハイパスをかけたレイヤーをマスクしていきます。
【レイヤー→レイヤーマスク→全ての領域を表示】

マスクを一度ブラシか何かで黒く塗りつぶし、必要な部分だけを出していきます。
(ブラシの硬さは0%に)
その後、ブラシをを白にし、整えたい肌を大まかに塗ります。

ブラシを黒に替え、を小さめにし目や鼻、口元、髪の毛の境界や輪郭のラインをなぞり、シャープに調整します。
【フィルタ→シャープ→シャープ(輪郭のみ)】もしくは【アンシャープマスク】
又は、
【フィルター→camera rawフィルター→ディティール→シャープ】
からできます。
07_20150805202839814.jpg



肌が綺麗になり、髪の毛などがシャープになれば完成です。
加工後


比較画像
比較



次回は輪郭についてやっていこうと思います。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。